スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発前のアクシデント

こんにちは。
エスペランサ号広報担当の鳥丸多寄です。

エスペランサ号は、郷原社長が運転する予定でしたが、9月29日、思いがけないアクシデントが起き、プロの運転手2名を採用することになりました。もちろん、郷原社長は東北までの全行程に同乗し、適時交代しながら自らハンドルを握ります。

***********************************


ところで、そのアクシデントのことを、チラリと小耳にはさみましたので、事実を確認するため、車のディーラーに出かけてみました。
その裏の倉庫に案内されていくと、前方左側を大破した乗用車がありました。何故、これほど大破したのか。運転席のドアを開けるとシートは血まみれで、そこにマドンナのCDディスクがころがっていました。……大破した車とマドンナ。この関係は一体、何なのでしょうか?


谿句ソオ縺ェ遉セ髟キ霆垣convert_20111021142520



***********************************


わが社の社長室の黒木めぐみ課長に聞いてみました。

「これは箝口令(かんこうれい)がしかれており、社内外でこれを知っているのは、ごくわずかなのですが。……9月29日に社長はNPO「唐芋ワールドセンター」の理事のみなさんと、秋日和のさわやかな「みなみ風」農場で芋堀りや野外ダイナーを楽しんだのち、ひとりで帰社するため、マイカーで湾岸道路を走ったというのですが…」


***********************************


総務課の西郷純一さんは、その日、郷原社長の携帯電話からの連絡を受けて、現場に急行したそうです。
そこで西郷さんの話を聞きました。

「現場にかけつけると、ガードレールに激突して大破している乗用車がありました。すでに警察官が来ており、パトカーや救急車が次々とやって来ました。しかし、郷原社長の姿は見当たらず、しばらくしたら遠くから歩いてくるのが見えました。上着や下着を着替えて、顔を洗ってきたとのこと・・・。救急隊員にせかされ、社長はタンカに寝かせられ、鹿屋市内の小倉病院に運ばれました。私はその後から病院に走ったのですが、社長が面会をことわったので、その後の社長に会うことはできませんでした。しかし、医師の話を聞いて、社長は胸部打撲で肋骨や肺に損傷を受け、顔面亀裂で出血がひどいとのこと。その夜には顔が紫色にはれあがったそうです。しかし、3日後には大きなマスクをかけて出社し、そのまま今日まで会社で仕事し続けています。いつも社長はなんともないふうにふるまっていますが、あれほどの事故だったのだから、何ともないはずはないのに……」

西郷さんが警察の事故調査官に聞いたところ、郷原社長は運転中、道路に猫が飛び出したので、ハンドルを切りそこない、ガードレールに激突したということでした。


***********************************


NPO「唐芋ワールドセンター」の理事のひとり、朝日新聞東京本社前常務の小林泰宏氏から会社に入ったメールによって、私はひとつの事実を知りました。つまり、郷原社長は事故が起きた時、マドンナのロックをカーステレオで聞いていたというのです。

小林氏はそのメールのなかで、次のように忠告されています。

「ついでに余計なご忠告をひとつ。車でCDを聞くなら、マドンナのロックではなくプレスリーのバラードの方がよいのではないでしょうか。聞くところによると、マドンナは47歳の誕生日に夫からプレゼントされた馬に試乗していて落馬し、肋骨にヒビ、手や鎖骨を骨折しながらその日のうちに退院して仕事を続けたそうです。そういう超人的馬力の持ち主のロックは、もはや激しすぎるのではないかと恐れる次第です。ご自愛を祈っています。草々」

このメールを印刷して郷原社長に渡したところ、「プレスリーならよいわけ?」と笑いだしました。

***********************************


このような状況をみて、社長室の黒木課長は「社長単独の運転はムリ」と判断し、プロの運転手さんにヘルプをもらって、エスペランサ号を走らせることにしました。
そして新聞広告を打ったところ、エスペランサ号の趣旨に共感する20名あまりの運転手さんが集まりました。その中から2名を選び、エスペランサ号を預けることになりました。

***********************************


というわけで、アクシデントをのりこえて、エスペランサ号は10月25日(火)、大隅半島の「みなみ風」農場をスタートします。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://esperanzago.blog.fc2.com/tb.php/8-48704a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。